企業で働いていると上司宛の電話が入った際に取り都合としても、いつの間にか不在でどこにいったかもわからず、また何時頃に帰社するのかも不明で、電話の相手に的確な回答をすることができないケースが多々あったのです。
しかし最近ではインターネットの普及と社内イントラを持つ企業が多くなり、その機能にひとつにスケジュール管理というものもあり活用されています。



スケジュールを社内の総務や関連者に公開することで行動予定を掴むことができて、電話が来て再度お電話を貰う時間もある程度限定してお伝えすることができて便利です。



また押印を貰ったり会議の予定を入れるにしても、空いている時間帯を把握できて、その設定も前もって予定することができます。
このようにスケジュールを公開することでその他の社員もそれを知った上で行動をしてくれるので助かることが多いです。

All About情報を調べるならこのサイトです。

そのために日々スケジュールを管理してブラッシュアップすることも必要です。

また長期的な行動予定や会議予定も登録しておくことによって、周囲がそれに向けて準備をすることができて仕事自体がスムーズに回ることが多くなります。

部長クラス以上であっても適切な予定を秘書等が管理してスケジュールに掲載することで社内的にも風通しの良い社風となり、上司の行動予定を把握したり会社自体の動きも把握することも可能になり、働く上でも意欲になったりモチベーションを維持することも可能になり、会社にとっては良いことが多いです。
しかし一方で全てにおいて公開する必要がなく、そのようなリスク管理も必要です。